静かに目を閉じて 半世紀余に亙る来し方を回顧すると、私は何時も あの太平洋戦争時代に
若き青春の情熱を燃やして働いたアジアの国々での懐かしい思い出が鮮明に甦ってくる。
それは 無念な思いで大空に散って行った仲間や 各国で巡り合った現地の人々の優しい面影である。 馬齢を重ねて人生の締め括りともいえる年代まで生き延びた私としては 之から先幾許か....... 健康な体力が続く限り 異国の地に眠る仲間達の冥福を祈りながら各地を巡る     「アジア鎮魂の旅」 は、まだまだピリオドを打つ訳には行かない。
        ( 写真は当時東南アジアで運航していた飛行艇 )

volunteer
travel

naganoのタイトル

ご意見 ご感想をお待ちしております


volunteer
free
profile
激動の時代を生きて
2006.1.10 15:00更新
Welcome  to my homepage
レンバン島
Hobby